宿泊施設として代表的なホテルの種類、予約方法について

ピックアップ


ホテルの寝室

種類

ホテルを利用する場合は、その種類について知っておいた方が良いです。ホテルと一言で言っても種類によって、サービスは大きく変わります。バジェット、エコノミー、ミドル、ハイエンド、ラグジュアリーの5つに分類することができます。

» 詳細を確認する

楽しい旅行

予約

ホテルを利用するためには、予約が必要です。予約をしなくても、空き室があれば利用することができますが、確実に泊まりたいなら予約しておきましょう。予約する方法によって、それぞれメリットは変わります。

» 詳細を確認する

ギャラリー


基礎知識


出張に行った時、旅行した時などに宿泊施設として利用するのが、ホテルです。
海外ではホテル以外にも、宿泊施設は様々ありますが、日本で代表的な宿泊施設といったらホテルというのが一般的です。
旅館という宿泊施設もありますが、ホテルとの違いがわからないという人もいます。
旅館とは日本の伝統文化の1つです。この文化は非常に長いもので、1000年以上の歴史があるのです。対して、ホテルとは外国から輸入された文化なので、日本の文化では無いのです。
ホテルの主な特徴は、館内では靴を履く、宿泊料に食事代が含まれない、ベッドがある、部屋は浴室付き、というものです。
旅館の場合は、この真逆なので、同じ宿泊施設でも大きく特徴が違うことがわかります。

ホテルの客室は様々なタイプがあります。シングル、ツイン、ダブル、スイートなどです。
シングルとは、ベッドが1つで1人だけが泊まる客室のことです。ツインはシングルベッドが2つあり、2人宿泊することができる客室です。
ダブルとは、ダブルベッドのような広いベッドが1つある2人宿泊できる客室のことです。スイートとは、複数の部屋がある客室のことです。1人で宿泊することも可能ですし、複数名で宿泊することもできます。
部屋のランクを意味する言葉もあり、1番低いランクがスタンダードで、その次にスーペリア、デラックスとなります。
デラックスの部屋は、上質な家具が使われていたり、マッサージチェアなどを使うことができたり、と高級感を味わうことができます。
一般的に宿泊料金には食事代は含まれていないのですが、宿泊パックといって、食事もついているセットの割安の方法で利用することも可能です。

利用する際に知っておきたいのが、チェックインとチェックアウトのことです。チェックインという言葉だけだと難しいイメージがありますが、簡単に言うと、部屋に入れる時間のことです。チェックアウトとは、逆に部屋に滞在できる時間のことです。
ホテルによっても異なりますが、一般的には15時がチェックインで、チェックアウトは11時~12時となっています。
高級ホテルには、レイトチェックアウトというシステムがあります。レイトチェックアウトとは、追加料金を支払うことで、15時や17時まで宿泊を延長できるシステムのことです。

最新の記事


1

使い方

ホテルは旅行の時に使う人が多いですが、その他にも利用方法は様々あります。女子会をするために、ホテルを借りてミニパーティーのような感覚で行うこともできます。ホテルは様々な使い方があるのです。

» 詳細を確認する

2

外資系

ちょっと贅沢して高級ホテルに泊まってみる、興味があるから外資系ホテルに泊まってみる、という場合はある程度の知識を持っておくことが大切です。無知のまま利用してしまうと、恥ずかしい思いをする可能性もあります。

» 詳細を確認する