宿泊施設として代表的なホテルの種類、予約方法について

外資系


外観

ホテルと一言で言っても様々な種類があります。最近増えてきているのが、外資系のホテルです。日本の長い歴史として、旅館がありますが、外資系のホテルと旅館ではサービスに大きな違いがあります。
高級ホテルや、外資系ホテルを利用する場合は、ある程度の知識を持っておく必要があります。
一般的なサービスと違う点が様々あるので、利用した際に恥をかいてしまうことになります。
旅館の場合、朝食はご飯、味噌汁、魚などの和食を食べることができます。対して、外資系の場合はコンチネンタルかアメリカンの2つに分かれることが多いです。
コンチネンタルスタイルやアメリカンスタイルは、あまり聞き慣れない言葉なので、ホテルを利用する前に一度確認しておいた方が良いです。
コンチネンタルスタイルとは、シンプルな朝食なことです。コーヒー、パン、ジュース、などのようにボリュームは少ないです。あまり朝食は食べない人に向いています。
対して、アメリカンスタイルは、コンチネンタルスタイルに、ソーセージや卵がつくタイプの朝食のことです。

外資系のホテルは、一般的なホテルよりも外国人が利用することが多いです。
日本だから日本のマナーで過ごすのも良いのですが、外資系のホテルの場合は、外国のマナーで過ごすことでスマートに行動することができます。
日本にはあまり無いマナーですが、外国だとレディーファーストが基本です。
ですから、外資系のホテルのエレベーターを利用する際に、女性と乗り合わせたら、先に女性を降ろすのが基本です。逆に女性の場合は、一番のエレベーターから降りた方が良いです。