宿泊施設として代表的なホテルの種類、予約方法について

種類


ホテルの寝室

ホテルと一言で言っても、様々な種類があります。種類を把握しておくと、自分がホテルを利用する時に役に立ちます。
どのような種類があるかというと、バジェット、エコノミー、ミドル、ハイエンド、ラグジュアリーなどです。
日本語にすると、低料金、普通、中級、高級、最高級という意味があり、そのホテルのランクを表しています。
ラグジュアリーとは、客室単価が30,000円以上でのホテルを指しています。国内の場合は30,000円以上なのですが、外資系になると50,000円以上がラグジュアリーの定義となります。
最近では、日本に多くの外資系ホテルが開業していて、ラグジュアリーの客室の人気の高さが分かります。
ミドルとは、客室単価が20,000円以上のホテルのことです。日本では鉄道会社が持っているホテルなどがあります。
エコノミーとは、客室単価10,000円台のホテルのことです。全国にあるビジネスホテルなどは、10,000円台がほとんどなので、エコノミーに分類されます。
客室単価が10,000円よりも安いホテルのことを、バジェットと言います。
10,000円以下というお得感がありますし、ロケーションも良いので、人気も高いです。

客室単価以外にも分類する方法があります。
宿泊や宴会などもサービスとして提供しているのがシティホテルです。主に都市に存在していて、出張での宿泊施設として利用することも少なくありません。
ビジネスマン、サラリーマンがよく利用しているのがビジネスホテルです。ビジネス向けに作られているので、インターネット環境が整っていたり、価格がリーズナブルであったり、という特徴があります。
休暇滞在をメインとしているのがリゾートホテルです。リゾートに立地しているので、宿泊施設として利用できるだけではなく、すぐにリゾート気分を満喫することができます。また、リラックスできる設備も整っています。